建物全体を断熱材で包み込んだ魔法ビンのような空間

断熱材で包まれた魔法ビンのような構造

温熱環境1

部屋間の温度差や上下の温度差が少ない、スーパーウォールの家の温熱環境は、建物全体を高性能断熱材で包み込んだ、気密性の高い、魔法ビンのような空間が生み出します。
夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現するポイントは、高い気密・断熱性にあるのです。

住まいの断熱性能を高めると家の中での温度差が少なくなります

温熱環境2省エネルギー基準レベルの家とスーパーウォールの家を比較してみると、リビングとトイレの温度差が10.3℃から5.9℃に、リビングと脱衣室(洗面所)の温度差は11.4℃から7.2℃へ改善。
暖かなリビングから廊下や玄関へ出たときの不快なヒンヤリ感が軽減され、また、浴室やトイレにおけるヒートショックのリスク軽減にもつながります。

部屋間の温度差だけでなく、上下の温度差も少ない快適性

SW上下の温度差の少ない快適性

気密・断熱性にすぐれたスーパーウォールの家は、部屋間の温度差が少ないだけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。
暖房が効いている暖かいリビングなのに、なぜか足元が寒いといったことがなく、床に座って遊ぶ小さなお子様に寒い思いをさせることもありません。
また、吹き抜けや高天井の空間においても、上下の温度差が少ないため、暖房効率を心配する必要がありません。
もちろん夏場も同様に、部屋の隅々まで快適な室温を保ち続けます。

就寝前に暖房を止めても、翌朝15℃という暖かさ

暖房停止後の温度変化

地域によって違いはありますが、冬場になると夜中の冷え込みが厳しく、就寝前に20℃程度あったリビングの室温が翌朝には10℃を大きく下回るということがあります。
このように暖房を止めてしまうと室温がどんどん下がってしまうのは、住まいの断熱性が低いことが原因です。
スーパーウォールの家は、断熱性が高いため、たとえ就寝前に暖房を止めても室温が下がりにくく、翌朝も15℃程度という暖かさをキープ。
朝の身支度の際、着替えで寒い思いをすることもなく、快適に過ごすことができます。

熱の流出・流入の多い開口部の断熱・遮熱がポイントに

夏に屋外から流入する熱の割合 冬に室内から逃げる熱の割合

一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、窓や玄関ドアなどの開口部です。
冷暖房による熱を逃がさず、少ないエネルギーで効率よく快適に過ごすためには、開口部の断熱性を高めることが重要に。
スーパーウォールの家では、高断熱サッシ・玄関ドアを採用し、断熱対策を行っています。

太陽光を冬は取り込み、夏は遮る 日射のコントロールが重要です

冬に太陽光を取り入れる工夫 夏に太陽光を遮る工夫

太陽の光や熱を暮らしに活かすことも、快適な住まいづくりの大切なポイントです。
冬は暖かな日差しをたっぷり取り込み、夏は強い日差しを遮る工夫を行うことを基本に、季節や時間による太陽の高度や建物の方位、日射量を考慮し、採光計画を立てることが重要です。

 

参照:SW総合カタログ

快適COMFORTABLE健康HEALTH安心SAFETY省エネENERGY SAVING