住宅ローンのすべて - 初心者でも分かる完全ガイド

query_builder 2024/05/17 リフォーム 新築
画像1963
この記事では初心者でも理解できるように、住宅ローンの基礎知識から詳細までを解説します。これを読めば、自分に適した住宅ローンの選び方や、どのように返済していくのかについての知識が身につきます。
有限会社伊藤ハウジング
ロゴ
家族構成やご家族のライフスタイルに合わせたリノベーションプランを府中市で提案いたします。オーダーメイドの空間づくりとして、在籍するママ建築士が、子育てや女性の視点からの住まいづくりをサポートします。
有限会社伊藤ハウジング
住所:

〒183-0016

東京都府中市八幡町2-26-10

電話番号:
042-361-8806

住宅ローンとは

ここでは住宅ローンの基本的な概念について解説します。一体、何のために存在しているのか理解しましょう。

住宅ローンの定義

住宅ローンの定義について詳しく見ていきましょう。住宅ローンは、住宅購入のために借り入れる金融商品の一つです。具体的には、住宅を購入するために必要な費用を一時的に借り入れることを指します。一般的には、銀行や信用金庫、住宅金融公庫などの金融機関から申し込みます。

住宅ローンは長期間にわたって返済していくものであり、返済期間は最長で35年となる場合もあります。この長期間の返済期間によって、月々の返済額が比較的少なく抑えられる特徴があります。また、住宅ローンは担保によって支えられており、住宅を担保として金融機関から資金を借り入れます。

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済や元金均等返済などがあります。元利均等返済では、毎月の返済額が一定となり、初期の返済額が大きくなる傾向があります。一方、元金均等返済では、毎月の返済額が少なく始まりますが、時間とともに増えていきます。

住宅ローンを利用することで、自分の資金力に合わせて住宅を購入することができます。ただし、返済能力や金利の変動リスクを考慮する必要があります。住宅ローンには様々な種類もあり、自分に合った借入方法や金利タイプを選ぶことが重要です。

以上が住宅ローンの定義についての概要です。住宅を購入する際や住宅ローンの返済について理解を深めることで、よりスムーズな購入や返済プランの立て方ができるでしょう。住宅ローンは一生に一度の大きな借り入れですので、慎重に選択することが重要です。

住宅ローンの特徴

続いて、住宅ローンの特徴についても見ていきましょう。住宅ローンは一般的に長期間にわたる借入金であり、その額面も大きくなることが一般的です。

まず、住宅ローンの融資利率は金利帯によって異なります。現在の金融市場の状況や金利の動向によって、融資利率が変動することもあります。変動金利型の住宅ローンでは、金利の変動に応じて毎月の返済額も変動するため、金利上昇のリスクも考慮する必要があります。

住宅ローンにはさまざまな返済方法がありますが、一般的に元利均等返済が採用されることが多いです。この方式では、返済期間内で均等な返済額で元金と利息を返済していくことになります。初期の返済額は相対的に大きくなりますが、時間が経つにつれて返済額が減っていきます。

また、住宅ローンは担保付きの借り入れです。つまり、ローンを借りる際には、借り入れた住宅自体を担保に据えることが一般的です。これにより、金融機関は住宅の価値を保証としてローンを提供します。もしも返済が滞った場合には、金融機関は担保となる住宅を差し押さえることができるため、注意が必要です。

さらに、住宅ローンには返済期間中に返済を一時停止する「繰り上げ返済」という制度もあります。これは、返済能力が高まった時などに、返済期間を短縮するために一度に多くの返済を行うことができる制度です。ただし、繰り上げ返済を行う場合には、手数料や手続きが必要なことも覚えておいてください。

以上が住宅ローンの特徴についての概要です。住宅ローンは個人にとって一生に一度の大きな契約ですので、慎重に選び、返済プランを立てることが重要です。自分の収入やライフスタイルに合った返済方法や金利タイプなどを検討し、将来の資金計画を見据えて適切な選択をしてください。

住宅ローンの種類

住宅ローンには様々な種類があります。それぞれの特徴を理解し、自分にあったものを選ぶことが大切です。

固定金利の住宅ローン

次は、固定金利の住宅ローンについて詳しく見ていきましょう。固定金利の住宅ローンは、融資全期間(最長で35年)中、一定の金利が保証されるタイプのローンです。

固定金利とは、融資を受ける際に設定された金利が、返済期間中に変動することなく固定されることを意味します。このため、融資契約時に提示された金利で、毎月の返済額を安定させることができます。金利が変動しないため、返済計画を立てやすく、予測可能な返済プランを作ることができます。

固定金利の住宅ローンの一番の利点は、金利上昇のリスクから守られることです。もし金利が上昇した場合でも、契約時の金利が適用されるため、月々の返済額が変わることはありません。これにより、長期間にわたる返済期間でも返済額の変動に悩むことなく、安心して返済を続けることができます。

ただし、固定金利の住宅ローンにはいくつかの注意点もあります。まず、金利が固定されているため、金利が下がってもその恩恵を受けることができません。また、固定金利の住宅ローンは一般的に変動金利よりもやや高い金利設定となっていることが多いです。そのため、金利が長期間にわたって低下していく場合には、長期間で見た時の総支払額が高くなる可能性があります。

固定金利の住宅ローンは、金利の変動に対する懸念から安定感を求める方におすすめです。将来の返済負担を予測しやすく、金利変動のリスクを回避できることから、長期的な資金計画を立てる際に有効です。ただし、金利が下落する可能性や他の金利タイプと比較することも忘れずに考慮してください。

以上が固定金利の住宅ローンについての概要です。自分のライフスタイルや将来の経済状況に合わせて、金利タイプを選ぶことが重要です。複数の金融機関の条件や金利を比較し、自分に最適な選択をすることで、理想の家を手に入れるための第一歩を踏み出しましょう。

変動金利の住宅ローン

それでは、続いて変動金利の住宅ローンについて見ていきましょう。変動金利の住宅ローンは、一定期間ごとに金利が見直されるローンです。

変動金利型の住宅ローンは、金利が銀行などの金融機関によって設定された一定期間ごとに変動する仕組みです。このため、金利市場の動向や経済情勢によって、返済額が変動することがあります。金利が上昇すれば返済額も増え、金利が下がれば返済額も減る可能性があります。

変動金利の住宅ローンは、金利の変動性がありますが、一定期間の利率が固定される「固定期間」と、その後の利率が変動する「変動期間」に分かれています。固定期間中は金利の変動に関係なく、一定金利で返済されます。変動期間に入ると、一般的には固定期間の金利や市場の金利に基づいて金利が設定されます。

変動金利型の住宅ローンは、金利が下がればメリットがあります。利子の負担が軽減され、返済額の削減につながる可能性があります。しかし、逆に金利が上昇すれば返済額が増える恐れもあります。そのため、将来の金利変動に対する不確定要素があることを念頭に置き、返済計画を立てる必要があります。

変動金利型の住宅ローンはリスクも伴いますが、金利の変動によって返済額が柔軟に変わる特徴もあります。低金利の時期には金利の上昇リスクを抑えつつ、返済額もできるだけ抑えることができるかもしれません。将来の金利の動向や自身の収入状況を考えながら、変動金利型の住宅ローンを検討してみてください。

以上が変動金利の住宅ローンについての概要です。金利の変動に柔軟に対応できる一方で、将来のリスクも考慮しなければなりません。自身の金利観測能力や経済情勢への理解を持ちながら、将来の返済計画を作成してください。住宅ローンは長期の負債ですので、慎重な選択と計画立てが重要です。

住宅ローンの選び方

自分に合った住宅ローンを選ぶためのポイントをいくつか紹介します。

金利タイプの選択

次は、金利タイプの選択について詳しく見ていきましょう。住宅ローンを選ぶ際には、自分のライフスタイルや収入に合った金利タイプを選ぶことが重要です。以下は、一般的な金利タイプとそれぞれの特徴です。

まず、固定金利型の住宅ローンです。固定金利型のメリットは、金利が契約時の水準で固定されるため、返済額が安定することです。将来の金利の変動に関係なく、返済計画を立てることができます。これは、返済額を予測しやすく、将来の資金計画を立てる際に安心感があります。

次に変動金利型の住宅ローンです。変動金利型の特徴は、一定期間ごとに金利が見直される点です。金利が上下するため、返済額も変動する可能性があります。ただし、金利が下がれば返済負担が軽減される可能性もあります。変動金利型のローンは金利のリスクがありますが、金利の下落によるメリットも期待できます。

また、固定金利型と変動金利型の中間に位置する選択肢として、一定期間固定後、その後は変動金利となるタイプもあります。このタイプでは、初期の固定期間中は固定金利型と同様に金利が安定し、その後は変動金利型と同様に金利が変動することになります。この選択肢は、将来の金利変動に対するリスクと安定性の両方を取り入れたい場合に人気です。

金利タイプを選ぶ際には、自身の収入や将来の返済能力、金利変動に対するリスクを考慮する必要があります。将来の金利の動向や自身の経済状況を考えながら、返済計画を立てることが重要です。また、金利タイプの選択は一度決めたら変更が難しいので、慎重に検討することが必要です。

以上が金利タイプの選択についての概要です。自身のライフスタイルや将来の計画に合わせて、金利タイプを選びましょう。金利の安定性や変動性を考慮し、自分にとって最適な選択をすることで、返済計画を円滑に進めることができます。

借入期間の選択

続いて、借入期間の選択について考えてみましょう。住宅ローンを選ぶ際には、適切な借入期間を選ぶことが重要です。以下では、借入期間の選び方のポイントをいくつか紹介します。

まず、借入期間はローンの返済総額や月々の返済額に直結します。長期間であれば返済額は減りますが、総返済額は増えます。一方、短期間では返済額は増えますが、総返済額は減ります。自分の収入状況や将来のライフプランを考慮し、返済計画を立てることが重要です。

また、借入期間は自身の経済状況や将来のライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。将来的に収入が増える見込みがある場合には、短期間で返済を終えられる借入期間を選ぶことで、早期に完済することができます。逆に、将来的な不確定要素や収入の変動が予想される場合には、長期間の返済期間を選び、月々の返済額を抑えることができます。

借入期間の選択においては、将来のライフプランや資金計画を考慮することも重要です。借入期間が長くなると将来の資金計画に影響が出る可能性があります。例えば、子供の教育費や老後の生活費を含めた将来の負担を考えると、借入期間を短く設定することが有益である場合もあります。

一般的には、借入期間を長くすると月々の返済額を抑えることができますが、総返済額が増えることになります。もちろん、返済期間が長くなると、金利負担も多くなりますので、金利タイプや金利水準とのバランスを考える必要もあります。

借入期間の選択は慎重に行う必要があります。将来の収入見通しやライフプラン、金利タイプとの調整などを考慮し、自分に合った借入期間を決めましょう。借入期間を適切に選択することで、返済負担を予測しやすくなり、将来の資金計画も安定させることができます。

以上が借入期間の選択についての概要です。自身の収入や将来の計画、金利タイプとのバランスを考慮し、返済計画を立てることが重要です。将来の不確実性を最小限にしながら、自身に合った借入期間を選択しましょう。

住宅ローンの申し込み方法

住宅ローンを申し込む際の手順や必要な書類について解説します。

審査に必要な書類

では、続いて住宅ローンの申し込み時に必要な書類について見ていきましょう。住宅ローンを申し込む際には、金融機関からの審査が行われます。以下は一般的な審査に必要な書類です。

まずは、所得証明書が必要です。これは、自身や配偶者の収入状況を証明する書類です。一般的には、給与所得者の場合には源泉徴収票や給与明細書、事業主の場合には確定申告書や決算書などが提出されます。これによって、返済能力や安定性を評価するための基準となります。

次に、住宅購入契約書が必要です。これは、物件を購入する際に取り交わされる契約書です。金融機関は住宅購入の意思や購入条件などを把握するために、契約書を提出することを求めます。また、頭金や融資額などの詳細も明記されています。

その他にも、住民票や印鑑証明書、身分証明書(パスポートや運転免許証など)、固定資産税の課税通知書など、金融機関が必要と判断する書類を提出する場合があります。これらの書類は、本人確認や資産状況の確認といった審査の一環となります。

審査に必要な書類は金融機関やローン商品によって異なる場合もありますので、事前に担当者に確認することが重要です。また、書類の提出時には必要なものを正確に揃えることが大切です。不備があると審査が遅れる可能性がありますので、注意が必要です。

以上が審査に必要な書類の概要です。住宅ローンを申し込む際には、金融機関が提示する書類のリストを確認し、正確に提出するようにしましょう。これにより、審査のスムーズな進行と早期の融資手続きを実現することができます。

申し込み手続き

次は、住宅ローンの申し込み手続きについて詳しく見ていきましょう。住宅ローンを申し込むには、いくつかの手続きが必要です。以下は一般的な申し込み手続きについての概要です。

まず、事前に融資を受ける金融機関を選定しましょう。銀行や信用金庫、住宅金融公庫など、選択肢はさまざまです。金融機関ごとに金利や融資条件が異なるため、自身の条件に合った金融機関を選ぶことが大切です。

次に、申し込み手続きを行います。これには、金融機関に対して申し込み書類を提出することが含まれます。審査に必要な書類については前述した通りです。金融機関の指示に従い、必要な書類を正確にまとめて提出しましょう。

提出した書類の審査が行われます。金融機関は、収入や資産状況、信用情報などを基に審査を行います。審査結果は通常数週間ほどかかりますが、申し込みによっては短縮される場合もあります。

審査が通ると、金融機関から融資の承諾があります。この時に融資条件や借入金額、金利などの詳細が提示されます。必要に応じて交渉を行い、条件に合意した後、ローン契約を締結します。

契約締結後は、融資が実施され、購入した住宅の所有者となります。返済が開始されるので、毎月の返済を継続していく必要があります。返済計画を立て、返済期日を守りながら、確実に返済していきましょう。

申し込み手続きの進行や必要な書類などは、金融機関やローン商品によって異なる場合もあります。申し込み前に金融機関の担当者から詳細を確認し、指示に従って手続きを進めましょう。

以上が住宅ローンの申し込み手続きの概要です。手続きは正確に行われるよう注意が必要です。また、金融機関とのコミュニケーションを大切にし、不明点や疑問点を解消しておくことも重要です。円滑な融資手続きを進めることで、スムーズに住宅ローンを利用することができます。

住宅ローンの返済方法

ここでは、住宅ローンの異なる返済方法について詳しく見ていきましょう。

元利均等返済

次は、元利均等返済について詳しく見ていきましょう。元利均等返済とは、住宅ローンの一種であり、毎月の返済額が一定となる返済方法です。

元利均等返済では、返済期間内で均等な返済額が設定されます。これは、返済が始まる初めの方は元利の合計が多くなり、返済額も相対的に大きくなりますが、返済期間が進むにつれて元利の合計が減り、返済額も少しずつ減少していく特徴があります。

この方法では、初期の返済額が多くなるため、返済を始める最初の数年間は資金の圧迫感を感じるかもしれません。しかし、返済期間が進むにつれて返済額が減少していくため、将来的には返済負担が軽くなることが期待できます。

元利均等返済は、返済額が一定となるため、毎月の返済額を予測しやすい利点があります。返済計画を立てる際には、収入や家計の予算との調整を考慮しながら返済額を決定することが重要です。返済期間を適切に設定し、無理のない返済プランを作成しましょう。

ただし、元利均等返済にはいくつかの注意点もあります。一つ目は返済期間中の利息負担が大きいということです。元金が多い初期の段階では利息の割合が高くなるため、返済総額も相対的に増えます。また、途中で返済期間を変更する場合には手数料や事務手続きが発生することも覚えておいてください。

以上が元利均等返済についての概要です。返済期間全体で均等な返済額を実現し、返済計画を立てやすくなるメリットがあります。ただし、利息負担が初期に集中する点に注意しながら、自身の収入や家計事情に合わせた返済プランを立てましょう。

元金均等返済

続いて、元金均等返済について詳しく見ていきましょう。元金均等返済は、住宅ローンの一種であり、返済期間中に元本が均等に減っていく返済方法です。

この方法では、毎月の返済額は最初は少なくなりますが、時間が経つにつれて返済額が増えます。なぜなら、元金が減っていくため、利息が発生する金額も減少していくからです。その結果、返済期間の後半では返済額が増え、返済期間の初めの段階に比べて総返済額も少なくなる傾向があります。

元金均等返済のメリットは、返済期間中に元本が均等に減っていくため、返済期間の後半に資金の余裕が生まれることです。初めの数年間は返済負担が軽く、将来の収入増加に合わせて返済額を増やすことができます。

一方で、元金均等返済にはいくつかの注意点もあります。一つ目は、返済期間の初めに元本が多くなるということです。初期の段階では利息の割合が少なくなり、元本の返済が優先されます。そのため、初めの数年間は元本返済に多くの資金を割かれることになります。

また、元金均等返済では、返済額が時間とともに増えるため、返済計画を立てる際には将来の収入の見通しやライフプランを考慮する必要があります。しっかりと収入の安定性や将来の予算を見越して返済額を設定し、無理のない返済プランを作成しましょう。

以上が元金均等返済についての概要です。返済期間中の元本の均等な減少が特徴であり、返済期間の後半に返済負担が増えることになります。将来の収入見通しやライフプランを考慮しながら、自身の返済能力と合わせた返済プランを立てましょう。

住宅ローンの税制優遇

住宅ローンには、税制優遇措置が存在します。その詳細について解説します。

住宅ローン減税

次に、住宅ローン減税について詳しく見ていきましょう。住宅ローン減税は、住宅ローンを利用することで還付される税制優遇措置の一つです。

住宅ローン減税を受けるためには、いくつかの要件を満たす必要があります。まず、住宅を自己居住用として購入する必要があります。投資目的での住宅購入や賃貸目的の住宅には適用されません。

また、住宅ローン減税には所得制限もあります。所得税や住民税の課税対象所得の一定範囲内である必要があります。具体的な範囲は、国や地方自治体の制度によって異なりますので、詳細は各税務署や関連機関に確認することが大切です。

住宅ローン減税のメリットは、年次における所得税や住民税の金額が減ることです。一定の金額が減税され、手元に残る収入が増えることで、返済の負担を軽減できます。

ただし、住宅ローン減税は一定の期間限定の制度であり、その対象となる年数や減税額は国や地方自治体によって異なります。また、減税の対象となる金額は所得税や住民税の一部であるため、全額が減税されるわけではありません。

住宅ローン減税を受けるためには、減税措置に関する制度や要件を理解し、必要な手続きを適切に行う必要があります。また、減税措置の対象となる期間があるため、期限内に手続きを行うことも重要です。

以上が住宅ローン減税についての概要です。住宅ローンを利用することで税制上の恩恵を受けることができるため、確認しておく価値はあります。ただし、国や地方自治体の制度や要件が変動する場合があるため、最新情報に目を光らせることも重要です。

住宅ローンの借入利息控除

続いて、住宅ローンの借入利息控除について見ていきましょう。借入利息控除は、住宅ローンの利息に相当する金額を所得税から控除する制度です。

住宅ローンの借入利息控除を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。まず、住宅ローンを利用して自分の住宅を購入もしくは建築する必要があります。また、購入もしくは建築した住宅を自己居住用として使用することが求められます。

借入利息控除は所得税の控除として適用されます。手続きの際には、住宅ローン契約書や利息明細など、必要な書類を提出する必要があります。また、借入利息控除は年次での控除となるため、毎年確定申告を行い、控除を受ける必要があります。

この制度のメリットは、利息負担を軽減することにあります。支払った住宅ローンの利息額に応じて、所得税から控除されるため、手もとに残る所得が増えます。これにより、返済負担を軽減することができます。

ただし、借入利息控除には一定の限度額が設けられており、この限度額を超える金額については控除されません。また、国や地方自治体によって借入利息控除の条件や限度額が異なるため、詳細な内容は税務署や関連機関に確認することが重要です。

以上が住宅ローンの借入利息控除についての概要です。この制度を利用することで、所得税の軽減や返済負担の軽減が期待できます。ただし、条件や限度額に留意しながら、確定申告などの手続きを正確に行う必要があります。

住宅ローンのリスクと対策

住宅ローンは大きな負債となりますので、リスクとその対策を理解しておきましょう。

収入減によるリスク

次は、収入減によるリスクについて考えてみましょう。住宅ローンの返済中に収入が減少した場合でも、返済が必要ですので、このリスクを考慮する必要があります。

収入減によるリスクは、さまざまな要因で引き起こされる可能性があります。転職や失業、業績の悪化、健康問題など、予期せぬ事態によって収入が減少することがあります。これにより、住宅ローンの返済負担が増え、資金的なストレスを感じる可能性があります。

収入減によるリスクに対処するためには、まずは収入の安定性を確保することが重要です。安定した職業や収入源を持つことで、予期せぬ収入減のリスクを軽減することができます。また、収入減に備えて緊急時の資金を貯蓄することも検討してください。

もしも収入が減少した場合、金融機関とのコミュニケーションを重視しましょう。一時的な困難を金融機関に報告し、返済条件の見直しや支援策の相談を行うこともできます。ただし、早い段階で相談し、対応策を協議することが大切です。

住宅ローンの返済は固定負担となるため、収入減によるリスクは避けられません。しかし、事前の計画や対策を講じることで、リスクを最小限に抑えることができます。収入が減少した場合でも、冷静な判断と早期の対応が求められます。

以上が収入減によるリスクについての概要です。住宅ローンの返済計画立案の際には、収入減のリスクを考慮に入れて、十分な備えをすることが重要です。将来の不確実性に備え、適切な対策を講じることで、安心して住宅ローンを返済していくことができます。

金利上昇リスクとその対策

では、続いて金利上昇リスクとその対策について考えてみましょう。住宅ローンは変動金利型を選んだ場合、金利の上昇により返済負担が増えるリスクがあります。

金利上昇リスクへの対策として、まずは金利の動向を注視することが重要です。経済情勢や金利市場の動向に注意を払い、将来の金利上昇の可能性を予測しましょう。また、金利変動に強い返済方法を選ぶことも有効です。

さらに、フィクスド・プラスやステップラダー型など、金利上昇に備えた柔軟な返済方法を選択することも一つの手段です。これらの方法では、一定期間内に金利上昇に対応した返済額を設定したり、金利の上昇幅を制限したりすることができます。

金利上昇リスクに備えるためには、長期的な金利観測力や金融市場のトレンドを把握する能力も重要です。将来の金利上昇の可能性や、返済額への影響を考えながら、金利タイプや返済条件を見直すことが求められます。

金利上昇リスクは避けられない要素ですが、計画的かつ慎重な判断を行うことでリスクを最小限に抑えることができます。自身の状況と将来の予測を考慮に入れることで、金利上昇による影響を軽減し、住宅ローンの返済を正確に進めることができます。

まとめ

私たちの住宅ローンへの理解を深めるための情報が豊富に含まれています。

住宅ローンの理解

ここまでで、住宅ローンについて幅広く理解してきました。住宅ローンは自身の住まいを購入するために利用する借入方法であり、返済期間や金利タイプなどが異なる様々なタイプがあります。返済方法や税制優遇措置も存在し、個々の状況に合わせて選択することが重要です。また、返済に伴うリスクや金利の上昇に対する対策も考慮しておく必要があります。これらの知識を持つことで、適切なプランニングと計画を立て、将来の安定した資産形成や生活設計を実現することができます。

自分に合った選択が大切

最後に、自分に合った選択が大切であることを考えてみましょう。住宅ローンを利用する際には、自分のライフスタイルや将来の計画に合った選択をすることが重要です。金利タイプや返済方法、借入期間など、慎重に選ぶことが必要です。

自分に合った選択をするためには、まず自身の収入や生活費、将来の予定などを考慮しましょう。また、金利の動向やリスクにも目を向け、将来の見通しを持つことも重要です。さらに、複数の金融機関やローン商品を比較検討し、最適な条件を選ぶことが望ましいです。

自分に合った選択をすることで、月々の返済負担が軽減され、将来の資金計画にも余裕が生まれます。また、万が一の場合に備えてリスクにも柔軟に対応できるでしょう。自分自身の状況や将来の見通しに基づいた適切な選択が、長期的な資産形成や生活の安定につながることを忘れずに考えましょう。

以上が自分に合った選択が大切であることの概要です。住宅ローンは自身の一生に関わる重要な契約ですので、慎重な判断と計画立てが求められます。自分自身の経済状況や将来の計画、リスクに対する対策を考慮しながら、最適な選択をすることで、理想の住宅を手に入れ、安心した生活を送ることができるでしょう。

有限会社伊藤ハウジング
ロゴ
家族構成やご家族のライフスタイルに合わせたリノベーションプランを府中市で提案いたします。オーダーメイドの空間づくりとして、在籍するママ建築士が、子育てや女性の視点からの住まいづくりをサポートします。
有限会社伊藤ハウジング

〒183-0016

東京都府中市八幡町2-26-10

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

TAG